2-3.QAセッション

スピーカーが一番伝えたいことを引き出せるようにしましょう(建設的発問)。スピーチの内容に矛盾する点などがあれば聞くべきですが、スピーカーがいいたいことをわざわざ否定するためのような、あら探し的質問は行わないことを心がけましょう。

また本題に入る前に、10~30秒の簡単な会話でice-breakingすると良いです。スピーカーに対する思いやりを持って質問しましょう。

 

よくあるice-breaking

 

  • ”Thank you very much for [ wonderful/excellent/heart-warming/powerful ] speech.”

  • “I was very [ interested in /excited in /moved by] your speech.”

    よくある導入。乱発して単調にならないように。バラエティー豊かに。

 

  • ”Are you nervous, now?” “Did you sleep well last night?”

    緊張していそうな場合。”No problem.”とか”Feel free to answer.”などと言ってあげる。

 

Questionとその意図(コンテンツ編)

 

  • ”Why were you interested in this topic?”

    スピーカーの価値観が知りたい場合。その考えをなぜ聴衆に広めたいか知りたい場合。

”Why did you choose this topic?” と意図は同じです。しかしスピーカーとの自然なコミュニケーションを考えて、より柔らかい表現を選びます。

 

  • ”Do you have some data about that?”

    スピーカーの主張に裏付けを取りたいとき。データがスピーチにない時。

 

  • ”You said 〇〇〇〇 in your speech, but some people may think 〇〇〇〇. So could you tell me your opinion about that?”

    スピーカーの主張と反対の立場の人をどう説得するか知りたいとき。(QAでスピーチの弱点について反論吸収できるかどうか見たいとき)

 

  • ”Let me confirm if my understanding is right. You think 〇〇〇〇, am I right?”

    スピーチで一番伝えたいことがよく分からない場合。一般に ”What’s your main claim?” などと言われるものです。スピーカーにとってより心象の良い言い方と考えてもらえばいいです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)